出産後の骨盤矯正について

出産を経験すると骨盤の歪みが大きくなり、骨盤矯正が必要になる場合が多いです。

出産後に女性が太りやすくなるのは、人体の構造上、赤ちゃんを産む時にどうしても骨盤を広げる必要があり、

その時に歪みが生じる事で、後々代謝が悪くなり太っていきやすくなります。

産後ダイエットという言葉がありますが、これは漠然と低カロリー食と運動を行うという方法だけではなく

骨盤矯正もセットになっています、骨盤の歪みはそれほど人体に影響があり、ここの歪みによって代謝力が

落ちてしまい、太りやすくなるのです。

骨盤ベルト等を使って過ごしたり、運動に行くという方法もありますが、理想を言うと出産前の段階から

マタニティヨガ等を行って、骨盤を柔らかくしておいて、出産後の骨盤矯正を行いやすい土台を整えておくと

出産後の骨盤歪みを正しくする事が簡単になります。

マタニティヨガは妊婦が行える運動で、出産の時にもお産力を高めてくれますし、妊娠中の便秘等を防ぎ

体力と柔軟性をもたらしてくれます、出産も楽になると言われており、出産後の回復にも良い影響を与えて

くれるものですから、骨盤矯正を行う前準備として適しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>